生のままでも食べれるコストコのサラダほうれん草!保存法とかレシピとか

コストコ サラダほうれん草 保存
サラダほうれん草(サラダ スピナッチ) 200g 399円

生のまま食べられるサラダほうれん草です。
軽い葉っぱが200gも入った大容量サイズなので、大人2人・子供2人の我が家にはちょっと多すぎるかな?とも思いましたが、『冷凍しちゃえばいいやーっ!』ってことで購入。

サラダほうれん草の保存法とかレシピとか紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

生でもOK!栄養まるごと食べられるサラダほうれん草

サラダほうれん草 食べ方
サラダほうれん草って、ただ生で食べられるほうれん草って風にしか思ってなかったんですけど、ほうれん草の幼葉らしいです。赤ちゃんほうれん草ってことかな?

でも茹でて食べる一般的なほうれん草とは、品種も栽培方法も違うらしい。

 

赤ちゃんのうちに収穫するからアク(シュウ酸)も少なくて、農薬もほとんど使われてないからサラダとして生でも食べられるってワケですね。

今はベビーリーフの中にサラダほうれん草が入っていることも多いし、生で食べるって言っても抵抗ない人も多いと思います。

 

生で食べられるってことは、栄養もそのまま食べられるってことですよね^^
普通は茹でたり電子レンジでチンしたり、どうしても加熱しなきゃいけないので栄養は流れてしまいがち…。特にビタミンCは水に溶けやすいので、茹でたら栄養が少なくなってしまいます。

サラダほうれん草の味や食べ方は?

サラダほうれん草って名前がついてますが、サラダとしてだけしが使えないわけではありません。もちろん火を通しても食べれます。生で食べられるってこと以外は普通のほうれん草と同じです。

ちなみにパスタの具として入れてみましたが、普通のほうれん草でした。

でもせっかく生で食べられるんだし、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、鉄など、ほうれん草は栄養たっぷりのお野菜なので、せっかく食べるなら栄養も丸ごといただきたいですよね!

ってことは、一番いいのはサラダとして食べることかな?

あったもので即席サラダを作ってみた

サラダほうれん草 レシピ
ごくごく普通のサラダでスミマセン(*´∀`*)
ちょうど冷蔵庫に使いかけのツナ缶とコーン缶があったので。

サラダほうれん草はベビーリーフの中によく入っているので食べたことはあったのですが、そういえばサラダほうれん草オンリーで食べることってなかったかも。

 

今までは他の野菜と一緒に食べてたから分からなかったけど、それだけを食べてみると、意外に苦かったです。って言っても少し苦味を感じるぐらい。

子供たちもベビーリーフの中に入ってたのは何も言わずに食べてましたけど、サラダほうれん草だけだと少し苦かったらしい。完食はしてたけど『苦手』って言われました(笑)

そのあとパスタにしたときは普通に食べてましたけどね(・∀・)

 

苦味が苦手な方は他の野菜と一緒に食べるか、加熱料理に使うなどしたほうが良いと思います^^

あ、でもサラダほうれん草だけの方が好きって子もいるし、結局好みの問題ですかね。

スムージー用の野菜にピッタリ!

只今、我が家の旦那サマは朝スムージーに夢中。毎日結構な量の果物と野菜を消費します。それもあったのでサラダほうれん草を買ってみました。

これなら切る必要もなくて水洗いしてパッと入れるだけなので楽チンです。
次の項目で紹介しますが、洗った状態で保存していればそのまま使えます。

冷蔵&冷凍保存方法

サラダほうれん草 冷凍保存
まずは、使いたい時にすぐに使えるように、最初に全て水洗いしてしまします。
たっぷりの水につけると傷んでいる部分も見つけやすいです。

そして大事なのが水気をよく切ること!水気が多すぎると鮮度を落とす原因になってしまいます。私はIKEAのサラダスピナーで一気に洗ってしまいます。

サラダほうれん草は生のまま食べられますので、水洗いして水気を切るだけで保存できます。

サラダほうれん草 冷凍保存
また、野菜(特に葉物)には余計な水気も大敵ですが、乾燥も大敵です。フリーザーバッグに入れて、なるべく真空に近い状態で保存しましょう。こうすることで野菜は呼吸もできなくなるため、エチレンによる傷みも防げて一石二鳥です♪

今回はコストコで買って量が多いので、2つは冷凍、1つは冷蔵保存にしました。
フリーザーバッグにさえ入れておけば、冷蔵保存にしていても使い切れないと思ったらそのまま冷凍庫に入れられるので便利です^^

冷蔵保存の場合はフリーザーバッグにキッチンペーパーに包んでから密閉すると、中で出た水分も吸ってくれます。

サラダほうれん草の保存法

  1. 水洗いして水気を切る
  2. ジップロックに入れて密閉
  3. 保存したい期間に応じて冷蔵庫 or 冷凍庫へ

 

スポンサーリンク

コメント【Facebook】