冷凍保存は料理の時短と食費・光熱費の節約になります

edb3f36c029e7377b7a02a4e2138523c_s
ズボラたるもの冷凍保存術は必要不可欠です。
だって料理するとき下ごしらえが少なくて済むからラクなんですもの(´∀`*)ウフフ

とまあ、冗談は抜きにしても、料理時間の時短になるのは事実ですし、何度も買い物に行く必要もなくなり、食材も腐らせることなく最後まで使いきれるため、節約&エコにも繋がります。

食材の冷凍保存術をマスターしておくと良い事ばかりなのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

冷凍保存して食材長持ち!

食材の中で冷凍保存できるものは沢山あります。特に私は定期的にコストコに行ってお肉などをたくさん買ってくるので、食材の冷凍保存は欠かせません。

冷凍できるもの、できないものを見分けられると、冷凍が可能なものは安売りの時に買いだめすることで節約にもなりますし、すぐ使える状態にして冷凍しておくことで料理時間の時短にもなります。

更にお野菜は冷凍すると繊維が破壊されるので、そのままの状態のお野菜から調理をはじめるよりも火が通るのが早いですし、味が染み込むのも当然早いです。光熱費の節約にもなりますよね。

 

その食材にあった保存法ができれば味が大幅に落ちることはありませんし、切った状態、味を付けた状態で冷凍しておけば料理がとてもラクになります。私のようなズボラな主婦にはもってこいの方法です。

冷凍保存できない食材もあります

お肉やお魚をはじめ、お野菜にも冷凍できるものはたくさんありますが、中には冷凍に向いていない食材もあります。レタスやきゅうり、お芋類、かぼちゃ、お豆腐、卵などの水分の多いものがそうです。

かぼちゃもあまり冷凍に向かないと言われていますが、経験上、一口サイズより大きめに切って電子レンジでチンして冷凍したときは特に中身がスカスカしたなどの問題もなく普通に美味しく食べられました。(あくまで私個人の感覚です。)

じゃがいもやさつまいもなどのお芋類も、加熱してマッシュポテトにした状態だと冷凍できます。むしろマッシュポテトにしておいた方がコロッケやポテトサラダなどの面倒な料理がすぐに完成するので重宝しています。

 

スポンサーリンク

コメント【Facebook】