家計簿をつける時の食費の項目の分け方

家計簿をつけるときに特に厄介なのが食費と日用品じゃないですか?途中でどのカテゴリーに入れていいのか分からなくなる時がありますよね。

食費と日用品の項目の分け方を考えてみました。お金の流れを把握し、改善に繋がるように 分かりやすく分けました!

 

スポンサーリンク

食費の家計簿は項目分けが面倒。見返した時に分かりやすくが鉄則!

家計簿 食費 項目
今までは項目の分け方(特に食費)が良く分からずに、家計簿を挫折することが多かったのですが、せっかくこのブログを開設してやる気に満ちているわけですし(笑)、今まで避けてきた部分に目を向けてみようと思います( ̄^ ̄)ノ

まずは結局いつも結果ばかりで細かい管理ができていない食費と日用品費からしっかりと把握し、改善していくことにしました!

ちなみに今はスマホの家計簿アプリで簡単に管理しています。

Screenshotレシートを撮影するだけ!家計簿アプリ『レシーピ』で楽ちん家計管理

家計簿つけるのって面倒じゃないですか?いつの間にかサボってたりしませんか?
まともに家計簿をつけ続けられなかった私でも1年近く続いている超簡単な家計簿アプリを紹介します。

私なりの食費の項目(カテゴリー)

  • お米・パン・麺類・小麦粉…主食。
  • お肉・お魚・卵・豆腐…メインになる食材。
  • ハム・ベーコン・ウインナー…食肉加工品系。
  • 野菜・果物…野菜と果物。
  • 乳製品…牛乳、チーズ、生クリームなど。
  • 加工食品・冷凍食品…納豆や練り物系もここに入れます。
  • レトルト・インスタント品…パスタソースや○○の素など。
  • 調味料…ドレッシングもここに入れます。
  • お菓子・ジュース・お酒…嗜好品全て。お惣菜もここ。

こんな感じで9項目に分けてみました。
抜けはないと思いますが、どうですか?

分からなくなったらこの記事を見直します(笑)
自分なりにですが、結構分かりやすく分けたつもりなのでこれで食費の項目も迷うことはないかな?

栄養素別に分けてあるので、しばらく続けていれば毎週の予算が立てやすくなりますね!

生活用品カテゴリー

こっちは何をいつ買ってどれぐらい持ったのかを知るために、しばらくはカテゴリーで分けずに、1つ1つ記入していこうと思います。

しばらくは食費、生活用品費を細かく家計簿につけてみて、どこに一番お金がかかっているのかなどのお金の流れを把握してみたいと思います^^

 

スポンサーリンク

コメント【Facebook】