作り置きおかずで簡単!幼稚園のツナマヨおにぎり弁当

幼稚園,お弁当,おかず,作り置き

娘が通っている幼稚園では基本的に週1回、火曜日がお弁当の日です。最近では作り置きしたおかずを入れることも出てきました。せっかく作っているので、気を引き締めるためにもできる限りブログにアップしていきたいと思います^^

今日のお弁当は『ツナマヨおにぎり弁当』です。

 

スポンサーリンク

お弁当のメニュー

  • ツナマヨのおにぎり
  • 唐揚げ
  • 薄焼き卵のお花
  • かぼちゃの煮物
  • にんじんのグラッセ
  • えだ豆
  • えびグラタン【冷凍食品】

このお弁当のポイント

作り置きしておいたおかず

このお弁当では唐揚げ・かぼちゃの煮物・にんじんのグラッセを先週末の作り置きおかずから使っています。かぼちゃの煮物とにんじんのグラッセは温め直しただけです。

唐揚げは鶏もも肉に下味をつけて冷凍しておいたものです。息子の遠足のお弁当や主人のお弁当にも入れて、晩御飯にも少し使ったのですが、娘のお弁当用に少しだけ残しておきました。

下味がしっかりと付いているので、あとは衣をつけて揚げるだけ!朝揚げ物をするのが面倒な方は、揚げた状態で冷凍、または冷蔵しておいたものを温めなおしてもOKです。実際、私も主人のお弁当ではそうすることもあります( ´艸`)

その他のおかず

他のおかずは朝用意したものですが、枝豆は茹でるだけだし、えびグラタンは冷凍食品です。これが大好きな娘からのリクエストで入れました。あ、厳密に言うと枝豆も冷凍食品です。自然解凍でもレンチンでもなく、茹でる派です。

薄焼き卵のお花は朝作りました。
お花に見えないっていうツッコミとか聞こえません(・∀・)
なーんにも聞こえません( ´艸`)

これは薄焼き卵を切って巻いただけの、お弁当のすき間埋め超簡単メニューです。薄いハムでも作りますが、今日はハムがありませんでした。

手順

  1. 唐揚げを揚げながら、隣のコンロで枝豆を茹でて、かぼちゃの煮物とにんじんのグラッセを使う分だけレンチン。同時にツナマヨも作っておく。
  2. ラップでツナマヨおにぎりを作り、形やサイズを調整。のりなどを使って可愛く。
  3. のりを馴染ませている間に薄焼き卵を焼く。
  4. おかずが完全に冷めたらお弁当に詰める。

まとめ

おかずが作り置きしてあると、朝のお弁当作りもグッとラクになります。今までは作り置きという概念がなかったので、時間がないと冷凍食品が多くなったりってことも多かったんです。でもこれなら冷凍食品に頼ってばかりではなく、手作りしたものもたくさん入れてあげられます^^

冷凍食品を使いたくないわけじゃないし、これからも便利に使わせてもらいますが、これで『おかずがほとんど冷凍食品になっちゃった!』って事態は避けられますね♪

 

スポンサーリンク

コメント【Facebook】