寒い冬に象印の保温弁当箱『ステンレスランチジャー』が大活躍中!

保温弁当箱,象印,ランチジャー

旦那サマの冬のお弁当用に、象印の保温弁当箱『ステンレスランチジャー』を購入しました~♪

冬はただでさえ寒いですからね!
ご飯ぐらい温かいものを食べて温まってもらわなくちゃ!

でも本当にお昼まで温かいままなのかな~。
早速使ってみましたよ!

 

スポンサーリンク

象印の保温弁当箱は保温効力が1番高い!

保温弁当箱を買おうと思ったとき、他にもサーモスとか色んな会社から保温弁当箱は発売されてますけど、象印のステンレスジャーを選んだのには決定的な理由がありました。

それは保温効力!

 

保温弁当箱やスープジャーは、パッケージのサイドや裏などに6時間後に何度を保っていられるかの保温効力が書いてあるのですが、単純に象印が一番温度が高かったんです。

それも2℃や3℃じゃなく、10℃以上違ったりするメーカーも。

旦那サマのお仕事上、暖房のきいた暖かいお部屋の中でお弁当を保管しているわけではないので、保温効力ってかなり重要です!

 

で、ホームセンターでにらめっこして選んだのが象印のステンレスジャー【SL-GG18-BD】でした^^

他のランチジャーだと高くても6時間後に60℃前後しか保っていられなかったのに対して、象印のステンレスランチジャーは6時間後でも69℃。

もう1つ上のサイズ(特盛サイズのステンレスランチジャー)だと71℃も保ってられるんですよ!

本当にその温度が保っていられるのかは置いておいて、ベースの温度が10℃も違うと、6時間後の保温効力も圧倒的に違うだろうってことで、他の商品より値段が若干高いけどこっちにしようと思って決めました。

象印『ステンレスランチジャー(大盛りサイズ)』レビュー

保温弁当箱,象印,ランチジャー

これが全部中身をセットした状態です。
このまま持っていきます。

お茶わん約3倍分(約1.2合)が入る大盛りサイズなので中々の大きさです。
なんと幅13cm×高さ20.5cm。デカ。もちろん特盛サイズは更に大きいです。

うちの旦那サマは車での移動が多いため、多分お昼までお弁当を車の中に入れっぱなしなので邪魔にはなっていないと思いますが、購入を考えている方は場所を確保しておいたほうが良さそうですね。

 

保温弁当箱,象印,ランチジャー

これが中身を全部出した状態。そして蓋を外した状態。
ご飯もおかずも結構な量が入ります。

 

保温弁当箱,象印,ランチジャー

お箸も付いていて、サイドにセットできるようになってます。

 

保温弁当箱,象印,ランチジャー

お弁当箱のケースがそのままステンレス製の魔法瓶になっています。
おかげで時間がたってもお弁当はホッカホカ。

 

保温弁当箱,象印,ランチジャー

ご飯の容器の蓋です。結構ぶ厚いです。
この蓋が熱をシャットアウトする構造になっていて、おかずには熱を通しません。

おかずは傷みやすいので、おかずだけは普通のお弁当箱と同じように常温で保存するようになっています。

つまり、冬のおかずは冷たいです。
(容器自体は電子レンジ使用可能です。)

あと、炊き込みご飯やチャーハンなどの味付きのご飯は傷みやすいのでダメらしいです。

 

保温弁当箱,象印,ランチジャー

こちらの画像はランチジャーの蓋だけ外した状態ですが、おかずの部分だけは魔法瓶に入らないようになっています。

蓋も当然プラスチック。

なので、普通のお弁当箱と同様に、おかずだけは完璧に熱を冷ましてから蓋をします。

食洗機は使えません

1番のネックは食洗機がダメだってことですね。
説明書にもパッケージにも使わないように注意書きがあります。

でも、ごはん・おかず・スープの容器は耐熱温度が140℃なので、私は構わず使っちゃう時もあります(・∀・)

お箸や蓋は耐熱温度が低いのでさすがに使えませんけど…。

ダメって書いてあるけど、それでも食洗機を使うときは自己責任で!

早速お弁当を作ってみました

保温弁当箱,象印,ランチジャー

保温弁当箱,象印,ランチジャー

おかずの部分のみですが、すみません。
自慢できるほどのお弁当ではなくてお恥ずかしい(/ω\*)

丸いお弁当箱っておかずが詰めにくいイメージがあったのですが、意外にそんなことないんですね。

逆にカーブにフィットするので、カップなんかは入れやすいかも。

スープがないときはインスタントをフル活用

保温弁当箱,象印,ランチジャー

ランチジャーに入れるスープは、大体、前日の夜ご飯に多めに作っておくことが多いです。

夜ご飯ではなるべく汁物も作るようにしていますが、作れない日もあったり、作ったけど余らなかった日も結構あります。

でもスープを入れるのと入れないのとでは、保温効力が結構変わるらしいので、そんなときは構わずインスタントを使っちゃいます。

お湯を注ぐだけなので、簡単にできるし、体も温まるし、ランチジャーを使うようになってからはいざという時のためにフリーズドライのスープをストックしておくようになりました^^

お弁当の温度を少しでも高く保つためのポイント

  1. ステンレス魔法瓶、ごはん容器、スープ容器はあらかじめ熱湯を入れて1~2分温めておく。
    (余熱後はそのお湯を捨てて水分を拭き取ってから使う。)
  2. 熱々のスープを入れる。
  3. 炊きたての熱いご飯を入れる。炊きたてじゃない場合は、ご飯を電子レンジで温めてから入れると良いです。

実際に使っている旦那サマの感想

『ご飯とスープは温かいけど、おかずが冷たい。』

なんと当たり前な回答が帰ってきましたΣ(゚д゚lll)
いや、そういうものだから!

でもご飯とスープが温かいだけでも全然美味しさが違うらしいです^^

とっても喜んでくれました♪
買って良かった(*^皿^*)

 

象印 ステンレスランチジャー

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahoo!ショッピングで探す

 

スポンサーリンク

コメント【Facebook】